福祉施設介護員は業務の性質上、本来の労働時間を超過しやすい問題があります。

高齢の要介護者の介助を行うのが主な業務内容なので、常に相手側の都合に合わせる必要があるのが労働時間超過の要因です。特に、居住型の介護施設では24時間体制で介助に努める必要がある他、介護職は慢性的な人手不足になっているのも一人あたりの労働時間が長引く結果に繋がっています。このように労働時間の適切な管理が出来ない問題は福祉施設の運営そのものにも大きな悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、介護員の疲労が重大な事故に繋がるケースもあるので、労働時間の問題は早急に解決することが大切です。利用者の側に不具合が起こると福祉施設のイメージが悪くなるので、大きなトラブルが起こる前に事態の改善を図るのが望ましい形です。

労働時間問題を解決するためには現場で起こるトラブルをはじめとする、福祉施設介護員の勤務実態を広く認知してもらうのが最適です。福祉施設を運営する上層部には現場の問題が伝わっていないことがままあるため、複数の介護員が同様の問題を抱えていることを提示して解決を求めることが大切です。また、福祉施設の労働時間問題は運営内容ごとに異なります。同じ福祉業務で居住型と訪問型とでは所要時間に違いが生じるためです。そのため、問題解決に取り組む際はそれぞれの部門に特化して対処することを心がけましょう。さらに、福祉施設介護員の労働問題は様々な施設で起こりうるトラブルなので、先例を参考に対処するのも事態の速やかな解決に繋げる工夫の一つです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 長時間労働の原因はコレだ!. All Rights Reserved